•  

営業日カレンダー

一般社団法人にかほ市観光協会

〒018-0121 秋田県にかほ市
象潟町字大塩越36-1
平日 9:00~21:00
TEL 0184-43-6608
FAX 0184-43-6609

鳥海山登山情報

  • 象潟口(鉾立)ルート
  • 2022-07-29現在
■登山道の状況■

登山道の雪は、千蛇谷コース下部の夏道取付きと一部雪渓横断箇所、新山と外輪を結ぶルート鞍部に残る。

水場は、賽の河原の登山道傍の沢水が減水しており、今後水取が困難となることから、出発の際は充分な水の確保を忘れずに。飲料水は各小屋で販売中。

鉾立から頂上までは、約4時間50分:7.4kmです。

注意(迷い):
コース確認を慎重にお願いします。
下山時に千蛇谷コース下部横断付近と外輪コース伏拝岳分岐付近
■山の花情報■
山の花は、多くの種が色彩も鮮やかに“サキホコレ”とばかり、花の百名山にふさわしい賑わいを魅せています。
ニッコウキスゲ、コバイケイソウ、ミヤマトウキ、トウゲブキ、ハクサンシャジン、ミヤマリンドウ、チングルマ、
ハクサンイチゲ、ヨツバシオガマ、ハクサンフウロ、チョウカイフスマ、ヒナウスユキソウ、イワブクロ 等々
■完全予約制登山バス■
問合せ先   
秋田側 乗合登山バス「ブルーライナー」6 月~10 月第2 週迄土日祝日運行
象潟合同交通 TEL0184-43-2030

山形側 予約制の乗合バス 運行日7/16~8/28 毎日
酒田第一タクシー TEL 0234-22-9444
■山小屋情報■
山頂御室参籠所 7/2(土)~8/31(水)、御浜参籠所 7/2(土)~8/28(日) 宿泊は要予約(0234-77-2301)

鉾立山荘 営業中 10/31(月)まで 予約(090-3124-2288)
象潟口ルート状況
鉾立
(ほこだて)
□標高1,150m

P300台  レストハウスやビジターセンターがある鳥海登山の玄関口。
この時期は早朝から大変込み合います。
観光等で訪れる一般者に支障がないよう、終日駐車される登山者の方は登山者専用駐車場をご利用ください。
入山の際、登山道入口の案内小屋 投函箱へ登山届の提出をお願いします。
賽の河原
(さいのかわら)
□標高1,520m(鉾立から80分:2.5km)

8月まで雪が残る水場のチェックポイント。象潟口の登山道を覆う雪は消えたが、南側への吹浦口や長坂道に至る方向にはまだ雪が残る。


御浜
(おはま)
□標高1,700m(賽の河原から40分:1.1km)

鳥海湖がシンボルの鳥海登山の中継地で高山植物の宝庫。周辺ではシーズンを通して色とりどりの高山植物、花々が楽しめる。
湖畔から御田ケ原一帯ではミヤマトウキに彩り豊富な花々が混じり錦絵の如き景観が楽しめる。
公衆トイレ有り。
七五三掛
(しめかけ)
□標高1,820m(御浜から60分:1.8km)

千蛇谷コースと外輪コースの分岐点。
休み場上100mに旧道分岐、更に50m上に新道分岐と2本の分岐標柱があるので確認を慎重に。
旧道に入り込まないこと。
千蛇谷コース
(せんじゃだに)
夏道へは雪渓を渡る。下山時は鳥越川側に入り込まないよう横断箇所を確認。
外輪コース
(がいりん)
夏道へは雪渓を渡る。下山時は鳥越川側に入り込まないよう横断箇所を確認。
頂上
(ちょうじょう)
□標高2,236m(七五三掛から110分:2.0km)

山頂小屋から新山頂上は急峻な岩場で慎重な行動を要します。
頂上─七高山 鎖場の難所、砂礫の急坂で落石や滑落に注意。
鉾立
  • 来訪車で埋まる鉾立駐車場
  • 登山道入口 。入口右が案内小屋
賽の河原
  • 賽の河原道標へ至る急登付近
  • 賽の河原休み場道標付近からの南西側の眺め
御浜付近
  • 鳥海湖畔の花々
  • 御田ケ原付近の花々
七五三掛~頂上
  • 七五三掛付近。 コバイケイソウが稜線まで
  • 千蛇谷雪渓の眺望
  • 新山と外輪を結ぶルートの状況。鞍部には雪渓残る