鳥海山ブルーラインヒルクライムfrom日本海

第6回「鳥海山ブル-ラインヒルクライムfrom日本海」開催要項(案)

【大会名称】

【大会の特徴】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【開  催  日】

 

【主 管】

【主 催】

【共 催】

 

【後 援】

 

【募集内容】

 

 

【参  加  料】

 

 

 

【ク  ラ  ス】

 

 

 

【表 彰】
【備 考】

 

 

 

 

【スケジュール】

     ○受 付

     ○スタート

     ○ゴール

     ○関 門

 

 

     ○受 付

     ○スタート

     ○ゴール

     ○関 門

【下山方法】

【参加自転車】

《ロードレーサー部門》

 

《MTB部門》

【必須装備品】

 

【参 考】

 

【参加通知】

【お問い合わせ】

第6回「鳥海山ブルーラインヒルクライムfrom日本海」

海岸線から頂上2236mまでその傾斜は世界一。五合目まで標高差1100m、秋田山形両県から二日間にかけてのレースはまさに脚力勝負。絶景も見てほしい。

秋田県と山形県にまたがる鳥海山を舞台に2日間にわたっての開催される大会。コ-スは、秋田県から鳥海山5合目を目指す旧有料道路の「鳥海ブル-ライン」。初日は山形県側から距離15.8K平均勾配7%のコース。2日目は秋田県側から距離19.7K平均勾配7.5%のコース。ともに雄大な山容を望める絶景ル-ト。ステ-ジレ-スだけでなく、1日ごとの参加可。(両日ともに完全交通規制により安心してレ-スが楽しめます。)

参照の上、当会HP空撮動画等。または2018年取材にお越し頂きましたファンライド様のご連絡のあった「鳥海山ブルーラインヒルクライムの記事を公開」をhttp://funride.jp/report/chokaizanbuleline/よりご覧になってください。皆様のご参加をお待ちしております。
[コースのポイント]

にかほステージ/一ノ清水Pからゴールまでは最強のクラスの急坂。遊佐ステージ/駒止Pから県境までが勝負どころ。

2019年 6月22日(土)、6月23日(日)2日間

(小雨決行。悪天候もしくは実行委員会が危険と判断した場合は中止)

にかほ市スポーツイベント開催実行委員会

にかほ市観光協会、鳥海山ブルーラインヒルクライム実行委員会

にかほ市、遊佐町、遊佐町観光イベント実行委員会、遊佐鳥海観光協会、にかほ市商工会、遊佐町商工会、にかほ市観光協会(予定)

秋田県、山形県、にかほ市旅館ホテル業組合、象潟町旅館料理飲食業防犯組合
鳥海山.飛島ジオパ-ク協議会(予定)

各日300名程度 参加資格:中学生以上 平成30年 1月 1日から 5月30日締切(予定)

申込は当会HP(5月30日まで)及び、RUNNETからは後日お知らせします。

WEB、FAX、郵送それぞれ申込可。※処理の都合上、Webエントリーを優先します。

2日間:11,500円、1日のみ:6,500円(保険料、参加賞、他運営費等)

振込先:ゆうちょ銀行・記号18640・番号21560621

(ゆうちょ銀行以外からは、店名八六八・店番868・番号2156062)

名義「鳥海山ブルーラインヒルクライムfrom日本海実行委員会」

全10クラス ロード部門/男子:エリート、10代~50代(10才刻み)、60代以上、女子MTB部門/男子、女子(各1クラスのみ)

チームエントリー/ソロエントリーの3人をひと組として、合計タイムで競う。
事前に「チーム申込の申告が必要(クラス不問)。

各1~3位/各クラス個人、チームとも、ステージ毎及び、総合順位(2日間トータル)(予定)

2019年も、日本国内のヒルクライムレースを連携させた企画「クライムジャパンシリーズ」の加盟大会

を予定しております。決まり次第お知らせをいたします。参考までに昨年「クライムジャパンシリーズ」の詳細につきましては、公式HPにてご覧になってください。→ http://climbjapan.funride.jp/

また、昨年ファンライド様の取材内容も合わせてhttp://funride.jp/report/chokaizanbuleline/ご覧になってください。 [RUNNETからのエントリ-は後日お知らせします。

 6月22日(土)/遊佐ステージ

 鳥海温泉遊楽里近辺(遊佐ステ-ジ参加選手受付)10:00~

 ブル-ライン小野曽ゲート 14:00 クラス毎マスドスタート(1分間隔)

 鉾立駐車場(距離約15.8km)16:00 競技終了

 駒止(スタート後1時間) ※関門以降、スタートから2時間で競技終了

 両日とも、バス利用を予定。バイクはトラックで搬送。※自走下山厳禁

 6月23日(日)/にかほステージ

 にかほ市象潟構造改善センタ-(全選手受付可)6:00~

 にかほ市三本堰(市役所付近)9:30 クラス毎マスドスタート(1分間隔)

 鉾立駐車場(距離19.7km)12:00 競技終了(予定)

 霊峰P 10:40(スタート後1時間10分)※霊峰P以降は、2時間で競技終了

 

DHハンドル、スピナッチ、クリップオン等、ハンドル形状を著しく変更したものは禁止です。

(シングルスピード可。固定ギヤ不可)

タイヤ幅1.9インチ以上。フラットハンドル(ドロップハンドル不可)とし、バーエンドは可。

ヘルメット、グローブ、計測チップ(受付時にお渡しします)

推奨携帯物として雨具、防寒着など(ゴール地点はかなり低温になると思われます。)

平均斜度7.5%(日本最大級の平均斜度)標高差1000m(鉾立まで)

※基本的に給水はありません。できる限り各自ご用意下さい。

参加料入金確認後、(6月中旬頃)大会の案内書及びコース地図、他、必要書類を発送いたします。

にかほ市スポーツイベント開催実行委員会(TEL:0184-74-5535)

E-mail chokai@spev.nikaho.org  HP http://www.nikaho-kanko.jp/hill-climb/

大会要項につきましては、決定した内容ではありません。

変更もありますので皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご容赦お願い申し上げます。

参加者の皆さまへ

1.「ヒルクライム参加選手の皆様へ下山のお知らせ」

選手の皆様の安全を最大限に確保するために当大会はゴール後、バイクで下山

する事ができません。

下山については、バス下山と自家用車下山を選ぶ事ができます。

バス下山の方はバスに搭乗しトラックにバイクを積込み搬送を行います。

「バイクを自分で運びたい」という方もいると思われます。その方は自家用車下山を事前にお申込頂きスタ-ト地点までシャトルバスにてお送りします。

□バス下山について

①参加申込の際にバス下山を選択します。

②ゴ-ル後、バイクをトラックに積込、参加者の皆様はバスに搭乗し受付地点に送迎します。

□自家用車下山について

①参加申込の際に自家用車下山を選択します。

②受付確認後、スタ-ト地点にバイクを預け、ゴ-ル地点(鉾立)まで自家用車で移動。

③鉾立からシャトルバスにてスタ-ト地点に移動。

④ゴ-ル後、自家用車にバイクを積込、係員の指示に従い下山して下さい。

 

◇注意事項

〇当大会はゴール後、バイクで下山する事ができません。

〇自家用車下山の際は、絶対に事故の無いようにお願いします。

〇上記記載について厳守できない場合は次年度以降の開催ができなくなり

ますのでご協力をお願いします。

尚、ゴ-ル地点(鉾立)駐車場のスペ-ス、バスの乗車定員には限りがありますのでご希望の方はお早めにお申込みください。

 

2.「クライムジャパンシリーズ」についてのお知らせ」

2017年より、日本国内のヒルクライムレースを連携させた企画「クライムジャパンシリーズ」の加盟大会として開催をしました。

本年も、日本国内のヒルクライムレースを連携させた企画「クライムジャパンシリーズ」の加盟大会

となりました。2019年の第16回Mt.富士ヒルクライムの優先エントリー権の付与につきましては、

RUNNETからエントリーされる参加者のみとなりますので、ご注意ください。「クライムジャパンシリーズ」の詳細につきましては、公式HPにてご確認願います。 http://climbjapan.funride.jp/


RUNNETでのエントリーはこちらのURLとなります。(作成中) http://runnet.jp/cgi-bin/?id=183273

(設定完了まではアクセスしてエラーとなりますのでご注意をお願いします。)

RUNNETからのエントリ-は(3/20から5/28まで)

 

〒018-0158 にかほ市象潟町字琴和喜17番地1

にかほ市スポーツイベント開催実行委員会内ヒルクライム係

平日 9:00~17:00 TEL/FAX 0184-74-5535

Eメール:chokai@spev.nikaho.org

Copyright (C)にかほ市スポーツイベント開催実行委員会  All Rights Reserved.